東京都目黒区都立大学、世田谷区用賀徒歩1分の中国語教室。中国語会話、ビジネス中国語はもちろん台湾華語、台湾語、HSK、中国語検定対策講座も。

生徒様の声

  • HOME »
  • 生徒様の声

Y.M.さまよりレッスンの感想を寄せていただきました(胡老師)

C.J.さまよりレッスンの感想を寄せていただきました(果老師)

H.Yさんよりレッスンの感想を寄せていただきました(余老師、林老師、張老師)

池田さまよりレッスンの感想を寄せていただきました。(胡老師)

S.K.さまよりレッスンの感想を寄せていただきました。(余老師)

M.さまよりレッスンの感想を寄せていただきました。(余老師)

 

島田さまよりレッスンの感想を寄せていただきました。

私の中国語といえば、「ニイハオ!」「シェシェ!」くらいのレベルでした。
夫の中国赴任の可能性を機に、少しでも心の準備をしておこうと、全く未知である中国語の世界へ足を踏み入れることになりました。
日本語も堪能なネイティブの先生に、最初の3か月の入門段階は、中国語の発音・文法の基礎を日本語で丁寧に解説していただきました。
基礎の導入ができたところで、先生から「レッスンを中国語だけでやってみませんか?」と提案され、まだまだよちよち歩きで戸惑いましたが、耳を慣らすためにも挑戦することに。
聞き取れなければ遠慮なく質問し、重要な解説は日本語でお願いしつつ、なんとかこなしてきました。日本にいる限り、日常なかなか中国語に触れる機会はありません。週に1回でも頭をフル回転させ、生の中国語と向き合う時間は非常に有意義だと思います。6か月という短期間の勉強で、中国語検定3級のヒアリングに堪えられたのは、この挑戦のおかげです。

中国語検定の受験も初めてでしたし、さらに自分の実力以上である3級の受験ということで、まずは基礎固めに4級の問題集を1冊こなしました。その後3級の問題集を1冊。あれこれと手を出さず、これ!と決めた問題集1冊にかけました。
そして、もちろん莉莉のレッスンで書き留めたノートに改めて目を通したことは言うまでもありません。

何を思ったか突然受験する気になり、受験勉強を始めたのは試験の1か月前。
こんなに短期間で、問題集1冊だけのこんなにシンプルな勉強法で3級に合格できたのは、前述しました通り、日ごろ莉莉でしっかりレッスンを受け、強固な土台ができていたおかげだと思います。

<莉莉より>

島田様のレッスンは赴任前ということで、日常会話(買い物、乗り物、レストラン、道を尋ねる)を中心に進められており、中国語検定のためのレッスンではありませんでした。
それでも、6か月という短期間で基礎力+会話力もUPし、その”ついでに”(といってはなんですが・・・・。)中国語検定3級に合格されました。
中国赴任を控えていらっしゃる方、留学準備中の方、中国語学習にある程度の時間を割ける方でご希望の方には中国語ONLYのレッスンを早くから始めていただいております。これによる効果は絶大で、特にヒアリング力は大きく向上致します。もちろん、分からないところは日本語で丁寧にフォローいたしますので、ご安心くださいまた、学習時間の限られた生徒様向けに、効率的に基礎を学ぶカリキュラムになっております
基礎をしっかり学び、ネイティブ講師と中国語ONLYで会話ができ、しかも中国語検定3級をおとりになった島田様は、自信をもって中国生活を始めて頂けると思います

 

YOKOさまよりレッスンの感想を寄せていただきました。

レッスンを始めて2年がたちました。余先生に担当していただいていますが、とても熱心でパワフルな先生で、楽しく勉強させていただいてます。毎回、レッスンの時間が待ち遠しいです。私は台湾旅行が好きなので、繁体字の台湾の教科書を使って教えていただけるのがとてもありがたいです。また、読み書きよりはどちらかといえば会話ができるようになりたいと思っていましたので、教科書にそって進むばかりでなく、日常生活についてのフリートークや先生が用意してくださるニュースなどの話題での会話の時間をレッスンの半分くらいの時間を使って下さるのがとても刺激になります。毎回楽しくて、1時間のレッスン時間があっという間にたってしまいます。

中国語検定2級合格はほんとうに莉莉さんのレッスンのおかげだと思っています。3月に3級に合格してから、11月に2級を受けるまで、8ヶ月ほどの準備時間があったのですが、はじめの半年間は特に試験対策はせず、いつもどおりのレッスンで基礎力をつけていくことにしました。
ただ、普段は繁体字を使っているので、検定前は簡体字を使って板書をしていただきました。(教科書は繁体字のまま)試験の2ヶ月前くらいから本格的に試験対策をはじめました。レッスン内容は変更せず、自宅で問題集を解き、分からないところを先生に尋ねるようにしました。
特に和文中訳問題は、問題集の模範解答を見てもよく理解できないことが多く、自分の訳文を先生に見ていただき、詳しく解説をしてもらいました。この和文中訳の問題をたくさん解いて勉強したのが合格に役に立ったと思います。また、教室から過去問題集や参考書も貸していただき、助かりました。

先生はほとんど中国語でレッスンを進めてくださるので、それを聞き取るのにものすごく集中します。
この訓練で、レッスン前に比べてかなり聴力がアップしたと思います。この訓練は週1回では足りないので、レッスンの音声を録音し、次のレッスンまでの1週間で繰り返し聞くようにしています。レッスン中にはうまく聞き取れなかった先生の言葉が、繰り返し聞くうちに聞き取れたり、また自分の発音の変なところ、不味いところも自覚できます。

時間に余裕があるときには、レッスンの一部をディクテーション(聴写)したりすることもあります。
実際に文字にすることで、分かった気になっていた部分が本当は全然聞き取れていなかったり、などいろいろ発見がありますし、先生の使う自然な中国語の言い回しが身につくと思います。また、自分からの発話については、まだまだなのですが、時々先生にメールを書くようにしています。内容は簡単なことばかりで、参考書も何も見ずに書きます。つまり自分の今の実力でということです。それを毎回レッスン時に添削していただけます。(文法的な間違いをせずに、赤ペンが入らなかったことは、いままで一度もありません・・^^;)
「先生には、ここは前にも間違ったでしょう」などといわれますが(笑)、
こういう繰り返しも、すごく役に立ってると思います。

早いもので、初レッスンから2年がたってしまいました。私は飽きやすい性格なので、勉強もがんばるときはやるんですが、やらないととことんやらなくなってしまって・・。レッスンのおかげで、なんとか続けていられます。そして続けていると、少しずつでも実力がついてきますね。2年目に中国語検定を受けたのはいい刺激でした。モチベーション維持のために試験を受けることにしたのですが、よかったです。
簡体字アレルギーも治ったし(笑)

<莉莉より>

莉莉では、生徒さんのご希望がない限り、中国語検定の合格を第一の目的として長期間レッスンをすることはありません。
普段は“使える”中国語の力を伸ばすことに重点を置いており、会話中心の実践的なレッスンをしています。中国語検定を受けられる方には、直前に対策レッスンをすることがよくありますが、(普段のレッスン時間で行っておりますので、こちらの対策も特に追加料金はかかりません。)普段のレッスンで“知らず知らずに”合格までの実力が付いているというのが、莉莉としての理想でもあり、ほぼその通りに進んでいるケースが多いです。

中国語検定は3級があれば、履歴書に堂々と書くことができます
2級あれば、日常会話・簡単なビジネス会話ができることを証明することができ、就職や転職に有利な資格となります。週に一回、2年間のレッスンで2級を合格することは正直簡単なことではありません。しかし、効率よく文法的事項をおさえ、話す・聞く・読む・書くの総合力を伸ばしていけば困難なことではありません。実力の証明として、モチベーションの維持のため、中国語検定やHSKなどの資格に是非チャレンジしてみてください!普段どれくらい出来ているのかよくおわかりになると思います。

中村さまよりレッスンの感想を寄せていただきました。

莉莉には、赴任後、出産するため一時帰国の際に通いましたが、日常会話を含め、ピンインなど自分の苦手な音を先生に明確に教えていただいたので、とても参考になり、中国へ戻ってからもその点に注意して会話をしています。

自分の苦手なピンインの音を注意しながら、会話しているため、通じています。ピンインは重要と実感。通っていたせいか、耳が中国語に慣れていました。

日本と同じ漢字ですので、書けば通じます。同じアジア人で、日本でいうと大阪人のようなノリの中国人なので、どんどん会話をして、吸収すると楽しくなると思います。

<莉莉より>

中国語は発音が重要です。中国語の場合、日本語にない音がいくつかありますので、それらを重点的に勉強する必要があります。
日本人を多くみている先生だったらよいのですが、中国に行って中国人に発音を教えてもらっても、コツなど分からず、どこが合っていて、どこが間違っているのか、分からないまま、なんとなく進んでしまうことも多いです。

その点日本人をたくさん教えていて、日本語との違いを熟知している莉莉の老師たちはきちんとポイントを明確にして教えることが可能です。駐在に行かれる方、またその配偶者さま、ご家族はお時間が限られています。そういった方をレッスンする場合、いつにも増して基礎を重点的にカリキュラムを組むようにしています。まず、ピンイン&声調、これはコツを教えながら完璧に。そして、骨組みとなる、中国語の基礎文型。中国語はこういう言語で、基礎的な語順はこうですよ、この部分は英語と同じですが、この部分はこういう文法的規則に沿っています・・・。など、基本的な語順や文型を、実用的な会話テキストの中できちんと織り込みます。

駐在前レッスンで完璧に中国語をマスターするのは無理なことですが、何を日本で学べば中国へ行っても困らないのか、どんなことを準備すれば中国へ行った後、中国語が伸びるのかこのことを第一に考えています。

 

都留さまよりレッスンの感想を寄せていただきました。
☆中国語サロンへようこそ☆

小さいうちに、英語以外の外国語を習わせたいと思っていました。音感のいいうちに、また、外国語に接することに苦手意識を持たないうちに。英語は耳にする機会が多く(映画・ドラマ・歌)学校でもやるから、またシンガポールや香港などに行く機会が多く、子供自身が習いたがった。莉莉のHPを前々からチェックしていて内容も場所もとてもよさそうだと思っていた。

担任老師は、子供の性格までも考慮して、教材を選んで下さったり、授業を進めて下さって、毎週のレッスンをとても楽しんでいました。準4級の試験をためしに受けさせて頂いたのも、モチベーションの点でいい経験になりました。読み・書き・会話がバランスよく配分されていました。

授業を録音させて下さっていたので、寝る前に聴いて復習しました。漢字の単語帳や、教科書の板書、単語を変えて文章を作るなどの宿題を出して頂きました。ヒアリングが足りない分は、中国のDVD付き絵本を貸して頂いたりしました。

レッスンの内容もとてもよいのですが、なにより、主宰の宮内さんや先生方のお人柄が本当に素晴らしいです。

 

<莉莉より>

中国語をお子様に!とお考えの方は多いと思います。英語は学校でもやるし、きっとこれからは英語は出来て当たり前。もうひとつプラスアルファで、特にこれから益々需要のある”中国語”だったら、将来きっと役に立つはず。莉莉ではお子様用のレッスンをプランする上で、下記のようなことを考えてプランニングしております。

1)楽しくレッスン
自分で”必要だから”とコントロールしてレッスンできる大人とは違って、子供たちは飽きやすく、面白い!と思わなければレッスンが続きません。分かりやすく説明し、目や耳を使ってイメージ付けをします。ゲームやドリルなど楽しくレッスンして、子供の意欲を自然に引き出す工夫をしています。

(2)子供の長所を活かす
子供たちには大人が持たない特性があります。耳で聞いてそのままマネしたり、細かな違いを聴き分けたり、一時的な記憶力は大人以上です!この特質を活かして、大人のレッスンとは違った内容にしています。

(3)録音を活用
ご家庭に中国語経験者がいない場合でも復習がスムーズにできるようにレッスン中録音機器をご使用いただくことを推奨しております。通常のレッスン中の内容以外にも、自分の名前、自己紹介、特に覚えたい内容があれば、いつでもリクエストにこたえて、先生が吹き込みしています。

(4)復習&宿題の工夫
お子様は、一時的な記憶力は優れているものの、同時に忘れやすいという特質もあるので、定着までのリピート(復習)が肝心です。楽しみながら、復習していただけるように、宿題も工夫をしています。

(5)子供の特質を理解した経験豊かな老師が担当
以上のようなレッスン内容にするため、老師はお子様の特質をよく理解し、経験を積んだ講師のみが担当しています。

 

矢部さまよりレッスンの感想を寄せていただきました。

中華学校に進学させようと思い、入学試験前からレッスンを始めました。先生は優しく、わかりやすく教えていただき、息子も楽しく通っております。中国語会話だけでなく、授業の復習として数学、台湾社会科等も教えていただき大変助かっております。
将来は英語だけでなく中国語も必要になってくると思います。中国語が話せるだけでなく、中国語を話す友人も出来、何かの役にたてることができればいいと願い、かよわせています。

<莉莉より>

矢部様は小学校に入学する前より見させて頂いています。ご両親ともに日本人で中国語をお話にならない環境ですので全くのゼロからのスタートでした。最初は集中してレッスンするだけで精一杯でしたが、中学校に進学された今では中国語オンリーでの学校の授業も頑張ってこなしていらっしゃいます。

莉莉では主に宿題や課題をチェックすること、科目に関わらず授業で分からない点を確認することをしています。理数系の老師が算数を見たこともございます。中華学校の授業のスピードは早いので分かっていないところをすぐに確認することは大事になってきます。長期的に同じ老師が担当することができましたので、トータルでサポートすることができたと思っております。

高島さまよりレッスンの感想を寄せていただきました。

写真(16)

 

お陰さまで講師の方とはウマが合い、レッスンは楽しいです。
学習上の悩みは多々ありますが、当面の1番の問題は発音だと思っており、そこを根気よく直して下さる所が有難いです。

 
且つ、毎週当方で興味のある話題のテキストを用意することで自発的に学習する癖もついてきました。とにかく自分のペースで続けられるのが気に行っています。
 
 
テキストを自分で用意するというのは効果的だと思います。
どうしても取りあげる内容が自分の興味のある分野に偏ってしまうという難点はありますが、調べようと思えばPCでどこまでも調べられるので、単なる語学学習という枠を超えて、興味の幅が広がります。
 
語学習得には「ここまでいったらゴール」がないので、「好き」と「やってて楽しい」がないと続かないと思います。個人的にはとにかく興味を持てる分野を見つけることが効果的だと思っています。
 
 

<莉莉より>
 
高島様は中国での生活されていたこともありレベルが高くいらっしゃるのですが、中国語検定や通訳を目指す!というわけではなく、今のレベルを維持しながら、新しい内容を話したり幅を広げることをレッスンの目標とされています。
 
生活に支障をきたすことなく、マイペースに学ばれることは長い目でみますと上達の近道です老師と楽しくおしゃべりをしながら興味をあることをドンドン会話をしているうちに気がついたらたくさんのことを吸収していた!というようなレッスンは高島様には理想的だと思っております。
 
このように莉莉では生徒様のレベル、目標、日々どのくらいの学習時間をさけるかなどを丁寧に聞き取りをして、レッスンの内容や宿題の量などを生徒様によって変えています。それぞれの方に最適なレッスン内容を提供するための努力は惜しみません。
 

 

moguさまよりレッスンの感想を寄せていただきました。

 

一年半の空白をへて(サボりともいう)、今年の7月からまた台湾華語を再開しました。尊敬する真由子さんの教室、莉莉中国語サロンへ。その担当の先生が、とんでもなく素晴らしい!

常に明るく優しく、絶対にイライラしたりしない(←ここ大事)
授業は中国語で進行するのですが、わからない言葉も私のレベルでもわかる言葉に置き換えて何度も丁寧に説明してくれます。
とってもわかりやすいのでスイスイ頭に入ってくる。
今までの学習法は何だったのか…
初めからこの先生に習いたかったよー
いつも楽しそうで、褒め上手。
調子にのっちゃう私は先生の笑顔がみたくてがんばっちゃう日々です。
台湾人の女性の老師ですが、中国の大学院で教師の勉強をしていたので台湾と中国の言い回しの違いも教えてくれます。
 
 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3718-8559 受付時間:9:00 - 21:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社リリーメソッド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.